PlayStation VR (PSVR)って何て読むの? そもそもVRって何?

PlayStation VRは、「プレイステーション ヴィーアール」と読みます。

公式サイトでは「プレイステーション ヴィーアール」とカタカナ表記されています。「プレイステーション ブイアール」ではありません。

VR って?

VR とは、Virtual Reality (バーチャルリアリティ) の略。

日本語では仮想現実、と訳されいます。

実際には存在しないものを仮想的に、特殊なゴーグルやヘッドフォンなどを使って、あたかもそこに存在するかのように表現するテクノロジーを指しています。

いわゆる 3D 映像も VR の一種ですが、VR はより没入的に仮想空間が再現されたものを指すことが多く、例えば視界を覆うヘッドセットを装着することで 3D 空間を映し出しますが、頭の動きに合わせて見える映像を変化させることで、振り返って後方の景色を見たり、周りを見回したりするようなこともできます。

これらの VR テクノロジーに対応した機器は「VR デバイス」などと呼ばれています。

PlayStation VRのほかに「Oculus Rift」「HTC Vive」「Google Cardboard」などがある

代表的な VR デバイスには PlayStation VRのほかに、「Oculus Rift」「HTC Vive」「Google Cardboard」などがあります。

「Oculus Rift」、「HTC Vive」はPCと接続して使用するVRデバイスで、それぞれ10万円を超すハイエンドの機器です。

PlayStation VRがより一般向け、ゲームファン向けにコストパフォーマンスを追求したモデルとするならば、「Oculus Rift」や「HTC Vive」はよりコアユーザー向け、ハイエンドユーザー向けの高級モデルと言えます。

また、「Google Cardboard」はスマホ本体と対応スマホアプリを使って手軽に VR 体験ができるガジェットです。主に段ボール製で、スマホをセットして使います。価格が安く、たまに雑誌付録になっていることもあります。最近は対応アプリも増えています。

スポンサーリンク