何でPlayStation VR (PSVR)には12歳以上の年齢制限があるの?

PlayStation VRは、対象年齢が12歳以上と定められています。

対象年齢が定められている理由は、健康上の影響を考慮したためです。

VRデバイスと斜視のリスク

子供がVRデバイスを使うと、斜視の発生リスクがあるといわれています。

特に12~13歳前後までは脳内の「立体視細胞」の形成時期にあたるため、VRデバイスを使うとこの発達に影響を与え、空間の認識、立体の認識が行えなくなったり、斜視を発祥したりすることがあるとのこと。

VRデバイスの年齢制限はアダルトコンテンツの抑制などが理由ではなく、脳への影響を考慮されたものなので注意してください。

斜視の発生する原因などの詳細については下記のページにも記載していますので参考にしてください。

VRデバイスで斜視になる、という怖い話。子供はもちろん大人も注意してください。
VRで斜視になる、というニュースがにわかに広がっています。 子供にVRで遊ばせるのは危険。とも謳われていることもあり、ゲームコンテンツの利用がメインであろ...
スポンサーリンク
広告