PlayStation VR (PSVR)は立って遊べる?

PlayStation VRは、立って遊ぶこともできますが、座って遊ぶことが推奨されています。

スポンサーリンク
広告

PlayStation VRのゲームを立って遊ぶか、座って遊ぶか

PlayStation VRのゲームタイトルはこれから様々出てくるかと思いますが、発売元のSIE (ソニー・インタラクティブエンタテインメント) では、参入パブリッシャー・デベロッパーに対して、PlayStation VRのコンテンツ設計においては座って遊ぶことを推奨する形としているようです。

その一番大きな理由は、PlayStation VRヘッドセットとPlayStation Moveコントローラーの正確なトラッキングのため。

PlayStation VRヘッドセットがカメラの撮影範囲から外れてしまうと。トラッキングができなくなってしまうため、プレイエリアという形で遊べる広さが定められています。

PlayStation VRが定めるプレイエリアはカメラから少し離れて3メートル以内の距離。近すぎても撮影範囲から外れてしまうのでトラッキングできません。

また、横幅は約1.9メートル、広く歩き回る広さではなく、左右1歩くらいの幅くらいをカバーしており、その範囲を超えると「プレイエリアから外れています」などのメッセージが表示されるようになっています。

これらの仕様から、PlayStation VRのゲームは座って遊ぶのが基本です。

ただし、機能的にはトラッキングできる範囲であれば立っていても座っていても遊べるゲームは変わらないので、今後ゲームの作り方次第では、立って少しだけ動くようなゲームも出てくるかもしれません。

PlayStation VRを立って遊ぶ時の注意

PlayStation VRを立って場合は、PlayStation VRのヘッドセットは視界を全部覆って「周りが見えない状態」で遊ぶ機械のため、以下のような基本的な注意が必要です。

適度に距離をとる

PlayStation Cameraのトラッキングは、前方3メートルまでの距離とされています。立ってPlayStation VRのゲームをする場合、手を広げたときにカメラのトラッキング範囲から外れてしまわないため、座ってプレイする場合よりも多少距離を空けたほうが広い範囲をトラッキングできるようになります。

ゲーム中にプレイエリア(トラッキング範囲)から外れてしまうとゲームが中断されてしまうため、できるだけプレイエリアから外れない位置であることを確認しておくようにしましょう。

周囲の空間を空けておく

PlayStation VRは、実際に頭を動かして仮想空間の世界を見渡したり、身を動かしたりするゲームが多くあります。不意に周囲に上体を傾けたり、振り返ったりする動作を行うことがあるため、座ったまま体を動かして、頭がどこかにぶつかることが無いように空間が確保されていることを確認しましょう。

PlayStation VRのゲームは、PlayStation Moveコントローラーを使うものと、Dual Shock4を使うものがあります。

立って遊ぶゲームではPlayStation Moveを利用するものが多くなるかと思いますが、PlayStation Moveは腕の動きをそのままゲームの中に反映させる仕組みのため、不意に周りに手を振り回すような動作を行うことがあります。

また、視界が完全に覆われているPlayStation VRでは、一歩動いて元に戻るような動作でも、完全にもとの位置ではなく少しずつ立ち位置が変わってしまっている可能性もあります。

ゲームを開始する前にプレイエリアの空間を十分に確保できていることを確認しておきましょう。

PlayStation VR (PSVR)は座って遊べる?
PlayStation VRは、座って遊ぶことができます。 PlayStation VRのゲームを立って遊ぶか、座って遊ぶか PlayStation VRの...